神戸神奈川アイクリニックが選ばれる5つの理由とは?

理由その1 全国に9拠点。近くのクリニックでの手術が可能。

全国に拠点のある有名レーシッククリニックは、神戸神奈川アイクリニック以外にも複数ありますが、 全国に「北海道・東京・神奈川・愛知・京都・大阪・神戸・福岡・小倉」と 9拠点もあるのは神戸神奈川アイクリニックだけです。

理由その2 症例数世界ナンバー1。著名人の症例も多数。

提携先のオプティカルエクスプレスグループを含めると、 神戸神奈川アイクリニックのレーシック症例数は世界ナンバー1です。

著名人・有名人の症例も多数あり、公式ページ内で体験談を見ることもできます。

さらに、神戸神奈川アイクリニックのスタッフは96.5%がレーシック体験者のようです。 自分も同じ手術を受けているということよって、 より患者さんの立場に立って細かい対応ができるようになっているようです。

よくある笑い話で、レーシック手術を受けに行った医院のスタッフが、 ほとんどメガネをかけていた・・・なんて話がありますが、 神戸神奈川アイクリニックでは、そういうことはなさそうですね。

理由その3 万全のアフターケア(トータルケアサービス)

レーシックはデメリット的な部分もあり、不安に感じる部分も多くあると思います。 そんな時にその不安が安心に近づくのが、神戸神奈川アイクリニックのアフターケアです。

万が一手術後に合併症となった場合にもその対応が無料。 レーシック後に視力が低下した場合の再手術費用も無料。 術後の検診や相談も無料でやってもらえます。

大事な目の手術ですから、この万全のアフターケアサービスは患者側からすれば とても嬉しいものですね。

>>神戸神奈川アイクリニック 公式サイトはこちら

神戸神奈川アイクリニックについて

そもそも、レーシック手術とは?

レーシックって言葉を聞いたことがある人はよくいると思いますが、実際にどんな手術をするか、知っていますか?

まず、点眼薬を使って、麻酔をします。 眼の洗浄も行われます。

「フラップ」という蓋の役割のものを作成します。
フラップは、マイクロケラトームやレーザーで角膜の形を整えます。

レーザー照射。

Q。レーザーを照射しているときに、眼が動いてしまったら?

A。この神戸神奈川アイクリニックでは、アイトラッカーという優れた機能により、手術中にもし眼が動いても、コンピューター制御があるので心配ないです。


フラップを戻す。

洗浄する。
と公式ホームページに記載されていました。

これだけでたった10分ほどで終了してしまいます。

Q。では、どんな病院で受けても同じ?

A。レーシックは、手術後のリスクがないものではありません。 眼科専門医が適切に手術をすれば、そのリスクはかなり低くなります。 まれに手術後に、ハロー・グレア現象やドライアイなどの合併症が起きる場合もあります。 そのため、どの病院でもいいというわけではなく、そういったまれに起きる術後のリスクにも 早期に正しい対処が出来る医師のもとで説明を受ける&レーシックを受けることをおすすめします。

この神戸神奈川アイクリニックでは、レーシックを安全に受けるために「無料説明会」&「無料適応検査」を実施しています。

レーシックを受けたいと思っていても、なかなか手術への一歩を踏み出せない気持ちはすごくわかります。 私も、興味は以前からすごくあるんですけど、手術には未だ至っていません・・・(;´Д`A

無料説明会と無料適応検査について。

そこで、この神戸神奈川アイクリニックの実施している無料説明会と、無料適応検査について調べてみました。 身近なホテルで週末に開催されていて、レーシックについてのDVDを鑑賞したあと、レーシックを受けた人の体験談を聞くことができます。

カウンセリングスタッフの方もいるし、無料軽食付フリータイムなどがあるので、気軽な気持ちで、聞きたいことが聞けそうですよね。 体験した人に、リアルな感想や意見が聞ける機会って、なかなかないから、これは自分の不安や疑問もしっかりと解決できちゃいそう。

それと、クリニック開催の説明会では、クリニック内部を見学することもできます。 どんなクリニックで、どんな手術室でレーシックを受けることになるのか、雰囲気が気になるって方にとってもおすすめ。 お昼の開催だけではなく、診察後の夜の開催もあるので、夜しか時間が取れない人にも無理なく見学に参加できそうですね。

また、説明会の前後に、簡単な検査も出来るので一石二鳥。 これまでの参加人数は21,500名を突破しているそうです。

次に、無料適応検査についてわかったことを書いていきます。 この検査では、自分の眼に最適な視力回復手術がわかります。 10種類以上の検査をします。 この検査を申し込むときに、神戸神奈川アイクリニックの公式ホームページ内で、・希望の診察日、・名前などの基本情報、・希望する連絡方法、・現在の矯正方法、・過去の病気や服薬を記入し、検査の前の注意事項なども記載されていました。

Q。レーシック手術をすると、本当に視力が良くなるのか。

A。現在、メガネやコンタクトで視力が矯正できているのなら、視力が回復する可能性はあるけど、眼の状態などにより希望していた視力まで回復しないこともある。

Q。では、せっかくレーシックを受けたのに視力が回復しないこともある?
A。だからこそ、レーシックによってどのくらい視力回復が期待出来るかを適応検査で調べられる。

こんな風に載っていました。 また、神戸神奈川アイクリニックでは、「トータルケアサービス」ということで、術後のアフターケアも万全のようです。 手術後の検診・検査・相談は料金がかからないし、1年間は薬代が無料、花粉症やドライアイのケアも無料になると書かれています。

Q。もし手術のあとに近視が戻ったら?

A。3%の確率で、手術後に視力が低下することがあります。また、予定していて視力に回復しない場合の、追加矯正・再治療は無料で受けられますl。 その他、合併症が起きたとしても、その治療の対応は無料です。 これだけ安心出来るポイントが揃っていれば、信頼できそうだなぁと思いました。

私がこのクリニックで、すごいなぁと感じた点は、”デメリットまでしっかり伝えることです。” どうしても、メリットとなる部分しか強調されないことが多いです。

ですが、この神戸神奈川アイクリニックは、デメリットの点も患者さんにしっかりとお話してくれます。 1人1人のライフスタイルや職業に合わせて、しっかりと相談に乗ってくれるクリニックだと思います☆(*´∀`*)

こんな、”患者さんの立場で考えてくれているクリニック”だからこそ、手術後の患者さんのアンケートで、96.8%の人に「おすすめしたいクリニック」だと回答されているんだと思います。 この神戸神奈川アイクリニックの手術の種類には、レーシック、iFS イントラレーシック、エピレーシック / ラセック / PRK、ICL(アイシーエル)/フェイキックIOL、円錐角膜治療、老眼/白内障治療、オルソケラトロジーがあります。

また、レーザーによる視力回復手術には、「スタンダードプラン」と「オーダーメイドプラン」があります。 スタンダードプランは、近視・遠視・乱視を矯正できる、比較的お手頃価格のプランで、オーダーメイドプランは、1人1人の眼球を0.01D単位というとても細かい数値で測定して、まさに自分の眼に合わせてオーダーメイドで手術してもらえるものです。 このオーダーメイドプランの方が、夜間に起こるハロー・グレアも軽減することが出来るみたいですよ。

柔道家の井上康生さん、モデルの太田在さん、元プロテニスプレイヤーの杉山愛さん、芸人の後藤輝基さんなど、多くの著名人がこの神戸神奈川アイクリニックでレーシックを受けています。

北海道・東京・愛知・大阪・神戸・北九州・福岡・神奈川・京都など全国9都市に展開していますよ(*´∀`*)ノシ

くりっく365でFX